湘南ゼミナール 難関国公私立高校受験コース

合格体験

SHOZEMIアルファの講師は、とても指導力が高く湘南ゼミナールの中でも最強の講師陣が揃っています。
さらに高い目標を目指す湘南ゼミナールグループの中でも、特に高レベルな集中力と勉強量を必要とする難関校志望の生徒だけが集まり、学校ではみつけることのできない良きライバルが見つかります。
「先生×生徒」というチームがお互いに高め合ってハイレベルを目指す。それがSHOZEMIアルファの強みです。

夏ゼミで必死に勉強する仲間を見て、「負けたくない」と思った。

SHOZEMIアルファ青葉台 / 池田 優太郎さん(もえぎ野中学校)

合格した学校 開成・渋谷幕張(特特)・慶應志木

私は中1のはじめにSHOZEMIアルファに入った。授業のスピードには驚いたが、僕はあまり勉強に熱心でなかったので、適当に勉強してしまっていて、入った時から大して成績も上がっていなかった。だが、そんな僕が変わるきっかけは中二の夏にあった。それは、『夏ゼミ』である。夏ゼミで、僕は他教室の生徒と共に勉強した。その中で、僕は必死に勉強する仲間を見て、「負けたくない」と思った。その気持ちは夏ゼミ後も続き、僕の勉強時間は増え、成績も上がっていった。中三になってからは、主に過去問を解いて勉強した。前期は、なんとなく解けそうな学校を解いていたが、後期からは志望校の過去問を中心に解くようになった。なぜなら、学校別の対策講座である合格カアップ講座(GUP)が始まったからだ。GUPでは、開成を目指す仲間達が集まって授業を受けた。それで僕は、不安と焦りを覚えた。皆に並の努力では勝てなかったからだ。それから、僕は開成に特化した勉強を始めた。国語の記述の練習をしたり、英語の熟語を覚えたりした。その時、大きな支えになったのは、教室の先生方の存在だったと思う。先生方は、質問に親切に対応してくれたり、不安な気持ちをやわらげてくれたりした。僕が開成に合格できたのは、こうした先生方のサポートや、共に勉強した仲間、日々支えてくれた両親などたくさんの方々のおかげだと思う。本当にありがとう。

努力は絶対、無駄にはならないと思います。

SHOZEMIアルファ菊名 / 豊田 俊介さん(上の宮中学校)

合格した学校 学芸大附属・渋谷幕張(特特)・早稲田佐賀・本郷

僕が学芸大附属高校を目指すようになったのは、三年生の夏です。説明会で、初めて学芸へ行き、志望するようになりました。しかし、当時の模擬試験の成績からは、合格にはまるで手が届くとは思えませんでした。僕は、それ以前よりも勉強をするようになりましたが、それでも成績は伸び悩んでいました。そのような中でも、SHOZEMIアルファの先生方のサポートもあり、乗り越えることができました。試験が近づくと、緊張が増すようになりました。それでも、先生方は最後まで支えてくださり、落ち着いて本番を迎えることができました。僕はこの受験を通して、勉強以外の面において精神的な意味で大きく成長することができたと思います。以前なら簡単に諦めていたことでも、今では挑戦することが出来るような気がします。高校に行っても、SHOZEMIアルファでの授業や夏ゼミなどの経験を思い出しながら、自信を持ってさまざまなことに挑戦していきたいです。僕をここまで育ててくれたSHOZEMIアルファに、心から感謝します。最後に、来年受験を迎える三年生の皆さん、それぞれ目指す目標は違うと思いますが、頑張ってください。努力は絶対、無駄にはならないと思います。応援しています。

デイリースケジュールでの振り返りで昨日の自分を越えていくことができました。

SHOZEMIアルファセンター南 / 伊藤 俊輔さん(中川西中学校)

合格した学校 横浜翠嵐・学芸大附属・渋谷幕張

終わってしまえばあっという間…ではない長い三年間だった。自分がSHOZEMIアルファに入ったのは一年生の冬、人生初の塾、興奮と期待で満ちていた。しかし、入って間もなく、そのような感情は消えていた。目の前の勉強をこなすことに必死だった。不安と焦りにみまわれる日々に救いの手を差しのべたのはデイリースケジュールだった。毎日自らを振り返って見つめ直す度に、自分は昨日を越えていくことができた。いつしか自分一人でこもっている時でも、見わたせば共に学ぶ仲間がいた。支え合い、助け合い、競い合う毎に相手を理解し、自分を見つめ直していた。変わらない日々、緩んだ心を引き締めたのはライバルだった。同学年のライバルの偉大な姿を見ることで、闘争心が燃え、常に挑戦者として勉強を続けることができた。いざ受験、準備は万全なのに、緊張は隠せなかった。会場に入る前、緊張が最高になった時、会ったのは教わってきた先生方だった。毎週授業を受けてきたセンター南の先生をはじめ、合格カアップ講座の先生や夏ゼミで教わった先生を見ると、記憶がよみがえり、心は落ちついていた。教室ヘ歩いていく時、先生と共に家族が送り出してくれた。家族との思い出や、してもらったことはとても数えきれない。最後の最後まで自分を応援してくれた家族、先生方、仲間、そしてSHOZEMIアルファヘの感謝は表しきれない。自分は今後も中学三年間の事を忘れずに学び続けようと思う。だがまずは合格を喜び惑謝したい。本当にありがとうございました。

先生方の手厚いサポートや様々な支えのおかけで自然と自信がつき、試験にのぞめました。

SHOZEMIアルファセンター南 / 上南 裕資さん(中川西中学校)

合格した学校 開成

僕がこの学校に合格することができたのは主に四つのことがあったからです。一つは、やはりSHOZEMIアルファの先生方の手厚いサポートです。なかなか宿題を提出しきることが出来なかった僕でも、先生方は見捨てずに支えてくれました。僕の苦手分野をなくすために、わざわざ相談にのってくれたり、墨適な課題を与えてくれたりと、僕に合った指導をしてくれました。先生方が、試験当日の朝まで全力で応援してくれたおかげで、僕は自信をもって試験にのぞむことができました。二つ目は、SHOZEMIアルファで出会った仲間達です。ここには様々な生徒がいて、お互いを支え合ったり、廿寺には競い合ったりして、学校では得られないような最高の体験ができました。三つ目は、家族の支えです。お弁当や、学費など、家族には多くの負担をかけてしまいました。それでも優しく、または厳しく僕の成長を見守ってくれたことにはとても感謝しています。そして四つ目は、試験当日の心がけです。僕は気持ちを落ち着かせるために堂々と過ごすようにしていました。自分が今までにやってきたことを思い出すと、自然と自信がついてきたので、あせらずに集中力を保つことができました。また、当日は親がくれたお守りを十個くらいつけて行ったのですが、それらも精神面で僕の大きな支えとなりました。繰り返しになりますが、僕が合格することができたのは、この四つのことのおかけです。支えてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

ライバルが目標となり、それを超えようと努力を続けられることができました。

SHOZEMIアルファ青葉台 / 荒金 昌平さん(奈良中学校)

合格した学校 学芸大附属・開成・渋谷幕張(特別特待)・慶應志木

SHOZEMIアルファ、それは僕にとってかけがえのないものでした。この塾に通った三年間は一生の思い出であり、この先の人生においての糧となるでしょう。SHOZEMIアルファでの三年間は決して楽なものではありませんでした。あまりにスピードの速い授業に大量の宿題。何度も挫折しかけました。いや、実際挫折したこともあったかもしれません。そんなとき力になったのは、合格カアップ講座(通称GUP)の仲閻達でした。GUP開成講座のメンバー達は、常に順位表で上位に入る歴戦の猛者たち。ボヤボヤしているとあっという間においてけぼりをくらうという危機感が常にありました。その危機感が、幾度かの挫折を経験しながらも結局アルファをやめれず(良い意昧で)最後まで走りきれた理由だと考えています。更に、僕が危機感を感じ、また闘争心を燃やしていたのはGUP開成講座の仲間だけではありませんでした。SHOZEMIアルファの青葉台教室の仲間達もみんな僕のライバルでした。特にIクラスの人たちは常に自分よりも先にいて、目標とするのに暴適でした。僕は、SHOZEMIアルファの良いところは、この自分がなかなか超えられない人が常に近くにいて、それを超えようと努力を続けられることだと考えています。最後に、先生方には、様々な局面で助けて頂きました。GUPや夏ゼミなど、本当にありがとうございました。一SHOZEMIアルファ万歳!一

日々コッコツ努力すること、諦めないことをSHOZEMIアルファで学び、合格できました。

SHOZEMIアルファ上大岡 / 岡田 渓さん(丸山台中学校)

合格した学校 学芸大附属・慶應女子

学芸や慶應女子をめざすなんて、SHOZEMIアルファに入った時は考えてもいませんでした。宿題の量が多く、最初の頃は泣きそうになりながらなんとか終わらせていました。そんな私が中3まで通い続けられたのは、先生と仲間のおかげです。分からない問題を丁寧に教えてくださった先生。いつもそばにいてお互いに励ましあったり、競ったりした友達。この存在が、私の原動力になっていたように思います。中3になり、過去問の点数が思うように伸びず焦ることも何度もありました。まわりの友達と比較して落ち込むこともありました。そんな日々を乗り超えた今、あの時努力して良かったと本当に思います。SHOZEMIアルファに入ったからこそ、この結果を出せたと考えています。この3年間で勉強面だけではなく生活面でも大きく成長ができました。日々コッコツ努力すること諦めないこと。SHOZEMIアルファで学んだ大切な経験を高校になってからも心に留めたいと思います。今まで本当にありがとうございました。

仲間や先生方に恵まれ、自分のぺースで着実に勉強することができました。

SHOZEMIアルファ鷺沼 / 田中 直旺さん(宮前平中学校)

合格した学校 開成・渋谷幕張

一年生からSHOZEMIアルファに通っていた私は本当に環境に恵まれていたと思う。まず、周りの人たちのレベル、意識の高さは尋常ではなかった。少しでも気を抜くと追いつくのが大変だった。特に夏ゼミほど焦りを感じたことはなかった。スタート時こそクラスは一番上だったが、中間のクラス分けで苦手だった国語のクラスを3つ落とし、最後のまとめテストでも国語の偏差値は40だった。半年後には入試が始まるということもあり、なんとか国語を克服しようと努力した。解き方をーから見直し難甥度が低いものから解いていき、間違えたところをとにかく復習するようにした。すると模試での偏差値は志望校に受かるボーダーぐらいまではとれるようになった。そこで気づいたのは努力は量で語るものではなく、質と、自分のペースに合っているか、が重要であるということだ。周りの人より勉強量が少ないのを焦るのではなく、自分が何をすべきかじっくり考え行動することが大切だった。このことに気づき私は弱点克服のため、体調を崩さないように着実に勉強ができ、志望校に合格することができた。全力で指導してくれたSHOZEMIアルファの先生方、ありがとうございました。