湘南ゼミナール 難関国公私立高校受験コース

JR横浜線・東急東横線菊名駅徒歩3分|難関高校受験の塾湘南ゼミナール 難関高受験コース 菊名

卒業生の声

難関高受験コース菊名教室の先輩たちより

2019.02.22

筒本 大斗 さん 大綱中学校
(小中部 菊名教室出身)

東京学芸大学附属・横浜翠嵐・市川(前期)・
本郷・巣鴨 合格!

 「学芸に合格した」最初はその結果が信じられず、驚きしかありませんでした。そして、この合格は湘ゼミの難関コースの存在がとても大きいです。

 僕が初めて難関コースに入ったときは、いつも順位が低く、授業について行くのも苦労していました。そのため、学芸を受験することすら、全く考えていませんでした。そんな自分を大きく変えたのは、中3の夏です。部活も終了し勉強時間が増え、今まで以上に努力を積み重ねてきました。また、5日間の夏ゼミによって、自分の限界を突破し、力をつけることができました。この夏を通して、僕は大きく成長できたのです。そして、その後も努力を忘れず継続することで成績を上げていくことができました。

 この僕の成長は、自分の努力に加え、たくさんの人からの支えがあったからです。毎日仕事をしながらも、僕の健康に気遣ってくれた両親、熱く分かりやすい指導をして下さった先生方など、多くの人に感謝をしています。また、この受験を通して成長した経験や学んだことを、これから先の人生でも生かしていきたいと思っています。そして、この後も、もっと多くのことを学び、努力することで、成長していきたいです。



西沢 遥輝 さん 大綱中学校

東京学芸大学附属・豊島岡女子 合格!

 第一志望に合格することができて、本当に嬉しく思っています。何度もあきらめそうになりました。でも、たくさんの先生方に支えていただき、合格まで頑張ることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 私は学校では勉強だけでなく部活も頑張りたいと考えて積極的に活動していました。三年生の時には関東大会に進み、十二月の半ばまで部活に参加していました。部活動は充実していたものの、夏に友人たちが引退して本格的に受験勉強を始めると同時に私の模試の偏差値はどんどん下がっていきました。勉強時間を長くとることが現実には難しく、やらなければいけないことが積り、気持ちが焦るばかりでした。そんな私を見て先生方は、「DSを活用して優先順位をつけてごらん。そうすればやるべきことが見えてくる。」「遥輝さんならできる!」といつも気にして声をかけてくださいました。年が明けて皆が過去問の演習をやっている中、私はまだわからないことがたくさんあっていつも先生に質問に行っていました。今思うと、長時間でかなりしつこかったですね。嫌な顔ひとつせず付き合って下さり、本当にありがとうございます。

 受験が終わった今、合格の他に多くのものを手に入れられました。計画をたててやりとげる力。諦めない気持ち。共に歩んできた仲間。これらを胸に頑張ります。

 最後に私を見守って下さった先生方そして家族に感謝します。ありがとうございました。





堀 智貴 さん 大綱中学校
(小中部 大倉山教室出身)

東京学芸大附属・横浜翠嵐 合格!

 僕は小学6年生の頃から難関コースに通っていて、ただ宿題をやれば受かるという甘い考えでいました。こんな風に緩く中学1年生まできたある日に、先生からこのままだと受からないと厳しい言葉をもらいました。その言葉はその時の僕にとって、辛く、耐えがたく、受け止めにくいものでした。しかしその時に、周りの仲間はもっと頑張っているのだから自分の努力が足りていないのだと捉えるようになりました。

 自分はこの空間の中で最も学力が低い席にいる、それならば最も勉強すべき人間だと思い、ひたすら勉強しました。時には勉強をやめたいと思う事もありました。しかし自分が成長する喜びと、一緒に頑張れた仲間がいた事で、前進する事ができました。中学3年生になると、夏ゼミやGUPなどで他教室の先生の授業を受けられる機会が増えて、沢山の先生のエキスを吸収していく事ができました。

 難関コースの先生の教え方は、先生ごとに個性があり、自分の足りない部分を色々な考え方から補填する事ができました。こういう風に自分が成長する糸口を沢山用意してくれた難関コースの先生方に感謝しています。それだけでなく、今回の合格を振り返ってみると、沢山の方々に支えられているのだと感じました。いつも自分の健康を考えてくれた家族、切磋琢磨した仲間たち、自分の成長に携わってくれた全員に感謝しています。今までありがとうございました。




小林 朋生 さん 都田中学校
(小中部 鴨居教室出身)

東京学芸大学附属・
横浜サイエンスフロンティア 合格!

僕は、中2の初めから難関コースに通い始めました。最初はどんなものなのか全くわからなくて、すごく不安でした。しかし、すぐに周りの友達が一生懸命やっているのを見て、自分はもっと頑張らないといけないと思い、勉強に向き合う事ができました。

僕は、「ポジティブ・シンキング」に救われることが多かったです。自分が解いていて解けない問題は、他の人もほとんど解けていないんだと考えることで、問題を解けない時の焦りがなくなり、落ち着いて解けるようになりました。

中2と中3の2回の夏ゼミで、自分自身を大きく変えることができたと思います。5日間勉強漬けの生活で、集中力、学力を大きく向上させることができました。

学芸大学附属の合格を聞いたときは自分自身ですごくビックリしました。それと同時に努力が報われたと思い、ものすごく嬉しかったです。自分のことをここまで成長させてくれた難関菊名の先生、友達、そして両親にはすごく感謝しています。本当にありがとうございました。






最新の記事一覧

ご相談受付中!

時間割・カリキュラムや費用についてなど、何でもお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせはこちら
045-430-4301 湘南ゼミナール 難関高受験コース 菊名